Apple Powered by Trendolizer

宇多田ヒカル 『Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)』(Short Version)

Trending story found on www.youtube.com


宇多田ヒカル 11/6「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」サブスク配信/ダウンロード販売スタート! ◆Featuring Artist PROFILE XZT (エックスジィーティー) 中国出身のラッパー。 現在24歳。三人のラップ仲間で結成したストレイトファイアー・ギャング/Straight Fire Gangの一人。カリフォルニア大学ロサンゼルス校在学中にラップを始め、UCLA卒業後は中国大手企業が運営するコミュニケーションアプリであるWeChatで制作担当の仕事をする傍らで音楽を続ける。2018年初めにストレイトファイアー・ギャング初のアルバム「These Kids Climbing Wall」を発表し、話題となる。2018年に行われた2度の中国内ツアーでは合計18都市にてライブを開催し、すべての公演がソールドアウトという大成功を収める。 Suboi (スボイ) 本名はHang lam trang anh、1990年1月14日生まれ。 ベトナム出身のラッパー、ソングライター、女優。 ベトナムのサイゴンで育ち、現在も拠点としている。 ベトナム人女性ラッパーの草分けで、ヒップホップ界の女王。ベトナム語の他に英語でも繰り広げられるラップが特徴。彼女の歌詞は忌憚のない言葉で、でもしっかりと自分の内面を見つめ、題材は家族や恋愛、社会的弾圧、ベトナムでの日常生活のものが多い。 ヒップホップに目覚めたのは14歳の時、エミネム/Eminemやモス・デフ/Mos Defなどアメリカのラッパーを聴いて真似することで英語が上達したという。 17歳の時にラップ仲間のラップ・ソウル/Rap SoulがMusic Face社のスタジオで曲のレコーディングをするということで同行した際には、すでにひときわ目立つ才能を発揮していた。 ベトナムでブレイクのきっかけとなったのは、2009年にベトナムのポップス・チャートで大人気のho Ngoc haのシングル「my apology」と「girls' night」でフィーチャーされた彼女のラップ。 2010年8月、20歳の時にアルバム「ウォーク/Walk」をリリースし、ファン、評論家ともに大好評。2012年にそれまでのレコード会社Music Facesを離れ、自らSuboi Entertainment社を立ち上げ、ベトナムの他にアメリカやイギリスのプロデューサーを迎え制作したセカンド・アルバムラン/「Run」を2014年にリリース。2015年3月13日にニューヨーク出身のラッパー、オークワフィーナ/awkwafinaとのダブルヘッドライナーでアメリカへの進出を果たす。 サンフランシスコで行われた映画祭CAAMFest 2015ではHam Tran監督のホラー映画「hollow」で女優デビュー。映画は興業的にも好評で、2016年には同じくHam Tran監督の「Bitcoin Heist」で主演に抜擢される。 2015年にはSouth by Southwest (SXSW)に招聘され、初のベトナム人アーティストとしてパフォーマンスを披露。好評につき翌年2016年にも2年連続出演を果たす。 2016年には、本人にとってそれまで停滞気味と感じられた創作パワーが復活しつつあったという。 2016年初めには、それまでは取り入れるのを躊躇していた"ダークなビート感"を強調したシングル「Doi」をリリース。 EK (イーケー) EKはラップの多彩かつ高度な技で音楽業界に旋風を巻き起こす。 多才なメンバー揃いのMost Badass Asian (MBA)の一員。 このホットなグループから目が離せない! ◆「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」Spotifyはこちら https://erj.lnk.to/PW84QAY ◆「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」Apple Musicはこちら https://erj.lnk.to/k3QLAAY ◆「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」ダウンロードはこちら <iTunes> https://erj.lnk.to/sNQVBAY <mora> https://erj.lnk.to/fe7dnAY <レコチョク> https://erj.lnk.to/la-LfAY 宇多田ヒカルオフィシャルHP: http://www.utadahikaru.jp/
[Source: www.youtube.com] [ Comments ] [See why this is trending]

Trend graph:

Comments